国内工場で布団を製造・直販!

 





商品ページなどに掲載されている金額は新旧の税率が混在している場合がございます。何卒ご了承くださいませ。



 
国内工場で布団を製造・直販!ふとん工場サカイ > 【カバーコレクション】 | 布団を1枚ずつ手作り!|ふとん工場サカイ




カバーサイズの選び方 Q&A
Q1. 布団サイズとカバーサイズがピッタリ合うのかどうかが分かりません。
掛布団カバー 掛布団サイズと同サイズのカバーサイズをお選び下さい。
シングル掛布団(150×210cm)であれば、掛布団カバーサイズは、150×210cmとなります。
※その他サイズも同様です
敷布団カバー 敷布団サイズよりも5〜10cm程度大きめのカバーサイズをお選び下さい。
シングル敷布団(100×210cm)であれば、敷布団カバーサイズは、105×215cmとなります。
※その他サイズも同様です
ベッド用
ボックスシーツ
マットレスの厚みにもよりますので、マットレスサイズをご確認下さいませ。
※裏をゴムで引っ掛けるタイプが多いので、多少のサイズ調整は可能です
ピロケース 枕サイズをご確認下さいませ。
一般的な規格サイズは、35×50cm(ジュニア用)、43×63cm(一般用)、50×70cm(ホテル仕様)等があります。
枕サイズと同サイズで表記されているものや、○cm用と表記されているものをお選び下さい。
Q2. 「シングルサイズ」と「シングルロングサイズ」の両方の表記があるのですが…

寝具業界一般では、「ロング」という表現は、丈が210cmのお布団サイズに用います。
現在の寝具サイズの主流は、「シングルロング」サイズとなっております。
これは、近年羽毛ふとんの需要が増えており、羽毛ふとんサイズが150×210cm(210cm丈)となっているためです。それに伴い、敷布団も100×210cm(210cm丈)が主流となっています。
「シングル」サイズとは、いわゆる昔からの「和(綿)布団」のサイズ(200cm丈)です。

ページ表記の上で、シングルサイズとシングルロングサイズが混在している場合がございます。
これは、各メーカーにより、210cm丈の商品に対する表記方法がA社は「シングルロング」、B社は「シングル」と統一されておらず、異なっているためです。
実際に購入される際は、必ず実際のサイズ表記をご確認の上ご購入下さいませ。
※セミダブルロング・ダブルロングも同様です。


Q3. 敷布団カバーのサイズが、敷布団のサイズよりも大きめですが、合うのでしょうか?
カバーは頻繁にお洗濯を致します。生地の特性上どうしてもお洗濯を繰り返すと縮みが生じてしまいます。
敷布団は厚みのあるもの、また、中に硬い中芯が入っているものが多く、カバーが縮むと、徐々にお布団が入らなくなってしまいます。
そこで、敷布団サイズよりも+5cmのサイズをおすすめしております。

尚、掛布団に関しては、羽毛や綿で出来ているので、カバーが縮んでも入れることができるので、布団サイズとカバーサイズが同サイズとなっております。


カバーサイズ 早見表

掛布団カバー
⇒ ベビー ⇒ ジュニア
⇒ シングル
(150×210cm布団用)
⇒ シングル
(150×200cm布団用)
⇒ セミダブル ⇒ ダブル ⇒ クイーン
⇒ キング ⇒ セミシングル ⇒ シングル超ロング
敷布団カバー
⇒ ベビー ⇒ ジュニア
⇒ シングル
(100×210cm布団用)
⇒ シングル
(100×200cm布団用)
⇒ セミダブル ⇒ ダブル ⇒ クイーン
⇒ 2段ベッドロフト用(別注サイズ対応可能)
フラットシーツ
⇒ シングル ⇒ ダブル
ベッド用BOXシーツ
⇒ シングル ⇒ セミダブル ⇒ ダブル
⇒ ワイドダブル ⇒ クイーン ⇒ キング
ピロケース
⇒ 35×50cm用 ⇒ 43×63cm用 ⇒ 50×70cm用

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜40件 (全481件)  1/13ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ

1件〜40件 (全481件)  1/13ページ
1 2 3 4 5 次へ  次の5ページへ  最後へ